IoTについて

今から1ヶ月前に睡眠の状態を把握するために、スマホで管理ができる活動量計のFITBITを購入しました。
目的としていた睡眠の状態を確認するには、実際に睡眠した時間よりも明らかに短かったり、全く計測できていないなどで、怪しい状態ではありますが、毎日充電を行う約1時間を除いては、一日中装着し活動量を計測しています。

その結果、特に運動や糖質制限などのダイエットを行わず、85kgあった体重が1ヶ月間で83kgと約2kgの減量が成功しました。
このFITBITでは1日の歩数や距離、消費カロリーなどを知ることができ、それらの項目に対し目標とする値が決められており、その結果が保存されるだけです。
勿論、私の体は、その活動量計を身につけているだけでは減量できる様な甘い体ではありません。
ただ、私が気を付けているのは、目標の値になる様に日々心がけるだけで、今までよりも歩く機会と距離を増やす事や、消費カロリーが足りなければ会社からの帰宅後、エクササイズ用の小さなトランポリンの上を飛び跳ねるだけです。
その結果、好きなものを食べ、毎月 会費だけは滞る事なく支払い続けているスポーツジムに通わなくとも、少しずつですが、スリムボディに近づいてきています。
きっとこの生活を1年でも続ける事ができれば、10kg減位になっているのではないかと期待が膨らむ毎日です。

この活動量計は、私にとりつけ スマホのアプリやインターネットで運動量を確認でき、運動不足の補正や運動する目的を案内してくれるIoTデバイスですが、機械にもそういった補正や目的を案内してくれるデバイスがあれば、効率的な仕事が行える事と思われます。
およそ3年前からIoTに関する新聞記事や展示会での出展を良く見かけますが、何の目的で工作機械を用いる生産現場でIoTデバイスが必要でしょうか?稼働管理システムが必要でしょうか?
機械が稼働している時間だけ知れれば運用改善が行えるのでしょうか?

弊社テクトレージでは、お客様の知りたい情報をどの様にセンシング出来るかを考え、システム開発や提案を行っていきます。
良かったら、お悩みをご相談下さい。

0