産業用ロボットの受注額、11年ぶりに過去最高を更新

2018年5月23日の日本経済新聞で、日本ロボット工業会は2017年の産業用ロボットの受注額が、11年ぶりに過去最高を更新したと発表しました。
(詳しくはこちら)

輸出額、国内出荷額ともに活況。
中国向けの輸出が増えたそうです。
日本メーカーは動作精度などを武器に中国で売上を伸ばしているが、中国政府も中国のロボットメーカーの育成を行っているそう。

尚、受注台数、受注額、生産台数、生産額の他、出荷についても前年比でプラス成長となり過去最高となっているようです。数年先も世界的なロボット需要は続くとの見通しだそうです。MADE IN JAPANのロボットが世界中でもっともっと活躍していって欲しいと思います。

テクトレージマン
テクトレージでは産業用ロボットも取り扱っています。
何かご用命、ご要望等あれば、お気軽にご連絡ください。




0