製造業へのFusion360のご提案 -実践 モデリング2-

Fusion360は3DCAD/CAM/CAEを統合したクラウド型のCAD/CAMソフトです。

今回もソリッドモデルで形状を作成していきますが、断面スケッチから「回転機能」を使って
3D図に展開していく方法を説明します。
この回転機能でも様々な形状を作成出来ますので今回は2事例で説明していきます。

■簡単な円形状の作成

・スケッチ→線分→作成面選択→製品の断面形状になるスケッチ図(2D図)作成

テクトレージマン
回転機能によるモデリングにおいては、描きたい製品の断面図を理解しておく必要があります。

・作成→「回転」選択

・断面図と回転軸を選択します。

・回転軸を中心とした3D図に展開出来ます。

■下記のようなコップ形状も簡単に作成出来ます。

上記のように回転機能を使うと丸い形状は簡単に作成出来ます。
また「押し出し」「スイープ」「ロフト」の組み合わせで様々な形状の作成が可能になります。

0