『JIMTOF2018』の気になる出展機種 その4

第29回 日本国際工作機械見本市「JIMTOF2018」が11月1日(木)から11月6日(火)まで開催されています。恒例行事のように人混みの中をかきわけるようにしていかなければ各ブースの最新機種機種を近くで見られません。初めて見に行った方は結構ビックリしているのではないでしょうか。

ロボット、自動化、IoT、AI等をテーマにしたメーカーが多くみられますが、オークマ株式会社のブースでは、『ARMROID(アームロイド)』が注目を集めていました。これまでロボットは加工機の外部に設置することがほとんどでしたが、CNC旋盤LB3000の加工室内にロボットアームが組み込まれていました。

特徴は、以下となっています。

  • ロボットアームの先端からのミキシングブロー(切削液とエアを混合)で切粉の絡みつきを防止
  • 機内の堆積切粉を除去
  • 加工時のびびり発生をロボットのサポートで抑制、安定加工をサポート
  • ロボットアームをたたむことによって手動脱着による小ロットの部品加工が可能
  • ティーチング、インテグレータが不要
  • OSPから機械操作と同様にロボット操作が可能

人材不足が大きな課題となっている昨今、自動化、ロボットの導入に躊躇している企業は検討するにあたいするのではないでしょうか。

しかし、JIMTOF会場を見てまわると足が疲れますね。

翌日に疲れを残さないよう要注意です。




0