スウェーデンの工作機械メーカーSandvik(サンドビック)が、“世界初の耐破壊ギター”を製作したらしい。

そしてその「耐破壊ギター」を、100本以上ギターを破壊してきたというイングヴェイ・マルムスティーンが“究極の耐性テスト”を行なったという動画が公開されていました。

同じスウェーデン生まれのカリスマ・ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーン氏は、「ギター破壊」のミュージシャンとしても有名だそうで、サンドビックは自社の最先端の技術を試すべく、世界初となるオールメタル製の壊れないギターを製作し、マルムスティーン氏にその破壊スキルを思う存分ぶつけてもらうことにしたそうです。

叩きつけ、放り投げ、マルムスティーンはあらゆる方法でギターを破壊しようとしますが、ギターはびくともせず!!
マルムスティーンは「獣…まさに獣だ」とコメントしています(笑)

このギターは全て金属(オールメタル)で出来ており、ボディはチタン粉末をレーザー溶融する技術を使って3Dプリンターで作られ、ネックはステンレススチール製とのこと。
カッコイイ~!!

制作過程やテストの模様が収められたロング・ヴァージョンも見応えありますよ!!

0