こんにちは!走るの大好きランナーT山です。

本日は、テクトレージも該当している「地域未来牽引企業」について、お伝えします。

そもそも「地域未来牽引企業」とは、経済産業省のHPによると、(以下引用)
「地域未来牽引企業」は、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開すること、または、今後取り組むことが期待される企業です。
とのことです。

なかなか難しく書いてありますので、私なりに要約させて頂くと、
① 地域産業の良さ・強みを生かして高い付加価値を生み出すこと(雇用を含め)
② ①をすることによって、周りの企業にも良い影響を与えること
③ 挑戦的な姿勢で、より地域産業に貢献できるような新しいことに取り組んでいること
この3つのポイントなのでは、と思います!

テクトレージも神奈川県や周辺地域の会社さんに応援して頂いて、2018年に「地域未来牽引企業」に選ばれました!(神奈川県内には22社)
正確には、地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画の承認を受けることを言います。
そしてこれらの企業には、補助金・助成金として「地域未来投資促進事業費」などの国の予算が割り当てられます。「地域未来投資促進事業費」は令和2年の予算が審議されている途中ではありますが、来年度は約158億円とのことです。

弊社では、ものづくり補助金をはじめとする、各種補助金の申請のお手伝いをさせて頂いております。

「新しい設備を増やしたいんだけど、どうしたらいいかな?」
「より業務を効率化できる仕組みはないかな?」
「そもそも補助金とかって、なんとなく聞いたことはあるけど、面倒くさそう…」などなど

設備やソフトウェアを導入するときに使える補助金って、意外と自治体によってに利用できるものがあったりもします。
ぜひお気軽にご相談して頂ければと思います!

このブログではこのようにものづくりに関わる方に役立つ情報を発信していきます。
ちょこちょこ覗いて頂けたら嬉しいです!

では、また!

PS:先日の東京五輪のマラソン代表を決める選考レースがありましたが、序盤独走していた設楽悠太選手のように、自ら先頭を走る勇気を持って仕事に臨んでいきたいと思います。

0