内容

DMG森精機株式会社、立形マシニングセンタの操作で特に反響が大きかった4つの新機能について紹介します。

新機能と特徴

NVX50002ndGenerationの新機能として4つの特徴があります。

①MDI マニュアル データ インプット
②タップ加工時の異常停止からの工具自動復帰
③ATC途中停止からの自動復帰
④いつでもマニュアル確認

 

まず①のMDI(マニュアル データ インプット)ですが、従来では登録できる
NCプログラムが7つだけでしたが、大幅に拡大され最大で無制限までの登録が可能になりました。
また操作性も向上し、本体のタッチパネルからスマホのようにタッチ操作を行うことができます。それにより入力ミスを減らし生産効率が向上します。

 

②のタップ加工時の異常停止からの工具自動復帰により従来ではタップ加工時に切りくずの詰り等が原因で異常停止してしまい、その度にオペレーターが手作業でタップを引き抜く必要がありましたが、NVX50002ndGenerationでは操作モニターから「タップ戻し実行」を選択するだけで、自動でタップを逆回転させタップを引き抜くことが可能となりました。これにより大幅な時間短縮となり今までは30分ほどかかっていた作業をわずか15秒で済ますことができるようになりました。

 

③ATC途中停止からの自動復帰では、工具交換時の異常停止時に自動復帰が可能となりました、従来はマニュアルを見ながら1ステップずつ作業をしていましたが、ボタン一つで自動復帰ができるようになりました。

 

④のいつでもマニュアル確認機能を使えば、機械の画面上で好きな時にマニュアルを確認できます。プログラム中のGコードの使い方や定期メンテナンスの方法などを
その場で見ることができます、またキーワード検索にも対応しているので例えば【G37】、【エラーコード】などのキーワードでYahoo!やGoogleのようにマニュアル内を検索できるため、見たいページに直接アクセスできます。

 

動画

ご紹介した以外にもメリットが多くある内容になっています。

大変分かりやすい動画になってますので是非一度ご覧になってみてください。

↓動画はこちら↓

▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)

https://www.videfit.com

▼DMG森精機株式会社

https://www.dmgmori.co.jp/

 

 




0