内容

測定機メーカーであるブルーム-ノボテスト株式会社による機上測定機のご紹介動画です。

 

新型コロナウィルス感染症の発生や少子高齢化による影響を踏まえ、省人化・動化・IoTが進む生産現場。航空宇宙業界と自動車産業に向け、高品質な測定機器やテスト機器を提供する世界的なリーディングカンパニー ブルーム-ノボテストでは、その生産性を向上させるために「機上測定機の導入」を提案します。

特徴とレビュー

1.タッチプローブの活用による生産フロアの自動化と生産性向上

まず昨今の製造現場における課題として新型コロナウイルスへの対策といった問題があります。
工場内においても三密を避けるための対策を講じる必要があり、持病のある方や高齢の従業員への配慮も欠かせません。会社としても従業員にとってもかなり重い負担となってます。

そこで解決策が2つあり、まず1つ目に省人化があります、省人化とは、単位経済活動あたりの労働時間を減少させることであり、人一人の労働時間ではなく全体的な作業効率を上げて会社全体の生産性を向上させるものです。

2つ目は自動化です、新たな機械やシステムを取り入れることにより、1つ目の省人化と併せて自動化をすることにより業務効率と生産性を最大限に高めることができます。
大げさかもしれませんが労働時間の短縮や負担を減らすことにより従業員の健康や生活環境の向上にも繋がりますし、会社のみならず個人ひとりひとりのためになると思います。

 

2.工具、ワークのセットアップと測定工程の自動化

このブルームという測定機の特徴として、工作機械内に搭載させるという点があります。それにより工具ワークを工作機械内にて測定と補正を行うことができます、ワークの芯出しや工具プリセットができ、従来は手動で行っていた作業も自動化することができ最大約80%の工程削減となります。

3.TCプローブ

他の工具と同じように機械主軸に搭載されATCマガジンに格納可能となっておりスタイタス先端球にて接触式自動測定し測定結果をマクロ変数に書き込むことができます。
できることは加工前のワークの芯出し、加工後ワーク測定または判定に加えて、熱変位補正や測定データの閾値管理等も行えます。

工作機械の中に設置されることとプローブがATCマガジンに収納できるという点で、工程集約と自動化ができるのはいいですね。
属人化してしまいそうな測定も基準の一本化ができるのではとてもメリットが有ると思います。

 

 

まとめ

今回紹介した以外にも魅力的な点が多いので是非動画も見てみてください。

動画はこちら
https://videfit.com/videos/253

ブルーム-ノボテスト株式会社のHP
https://www.blum-novotest.com/jp.html

 

動画ポータルサイト 『VIDEFIT』は、無料でご視聴頂けます。

登録はこちらから
▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)
https://www.videfit.com




0

登録はこちらから
▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)