VIDEFIT review
『【#2 Mastercam2020】アンダーカットを検証するコマンド「ドラフト角度」機能の解説』

内容: Mastercam2020の3Dモデル活用について、JBMエンジニアリング社 技術部の吉田氏をお招きして開催したセミナー。ご好評につき、本セミナーの動画を主項目ごとに分割し、毎日アップしていきます。2回目となる今回は、アンダーカットを検証するためのコマンド「ドラフト角度」についての講義の模様をお送りします。

感想: 動画全体の流れとして、これからMastercamを利用する方でもわかりやすいように、順々に「ドラフト角度」機能の解説をされています。
ドラフト角度とはサーフェスの法線方向と作業平面が作る角度のことです。 サーフェスが作業平面に垂直な場合、ドラフト角度は0です。 サーフェスが作業平面に平行な場合、ドラフト角度は90度です。
3DCADを扱う上では、必ず押さえておきたい機能ですので、知らないという方は是非動画を参考にしてみてください!また、シリーズ化されていますので、その他のMastercam関連動画も要チェックです!!
動画はこちら↓
https://videfit.com/videos/601
【#2 Mastercam2020】アンダーカットを検証するコマンド「ドラフト角度」機能の解説

 

動画ポータルサイト 『VIDEFIT』は、無料でご視聴頂けます。

登録はこちらから
▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)

https://www.videfit.com

0

登録はこちらから
▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)

 

「【#2 Mastercam2020】アンダーカットを検証するコマンド「ドラフト角度」機能の解説」に2件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。