◇内容◇
第2弾では、DMG MORIのオペレーティングシステム"CELOS"を使って何ができるのかをご紹介。
工程作成から準備/加工、加工完了後の情報追加まで、一連の作業を一貫して管理できます。

◇感想◇
DMG森精機社のインターフェイス「CELOS」で工程管理をおこないました。
「CELOS」では、ホーム画面にジョブマネージャーとジョブスケジューラがあります。
工程とプログラムを作成した後、画像イメージで治具やワークを登録することで、
異なる作業者もすぐに加工が始められるようになっているので、引継ぎ処理も容易になっているように感じました。

NC装置がMAPPSやSiemensなどがありますが、工程管理の画面は共通しているので「CELOS」をお使いの方はぜひご覧ください
↓↓↓
https://videfit.com/videos/857