前回は、「Hello, World!」が出力されるソースコードをコンパイルし、実行しました。
今回は、このソースコードを見ていきましょう。

しげちゃん先生
「Hello, World!」を出力するコードはどこにあるか分かりますか?

新人Y子
5行目の「printf(“Hello, World!\n”);」ですね。

しげちゃん先生
その通りです。
printfが文字列を出力する命令で、ダブルクォーテーション内側の文字列が出力します。
「Hello, World!\n」が出力する文字列となります。

新人Y子
でも、最後の「\n」は出力されてないように見えますが… 

しげちゃん先生
C言語では、文字列内にある「\」は特別な意味を持ちます。
例えば、「\n」は改行コード、「\t」はTABコードになります。

新人Y子
改行コード「\n」は文字として見えないのですか?そして、どのような作用があるのでしょう?

しげちゃん先生
カーソルの動きをイメージしてください。
画面左上から文字を入力していくと、カーソルは右に進んでいきます。
カーソルが右まで行けば、次の行の一番左に行きます。
また、行の途中で改行すると、次の行の一番左に行きます。
例えば、次のプログラムを入力して実行してみてください。


新人Y子
aaaaa
bbbbbccccc

と出力されました。
なるほど。ソースコード上は、aaaaaとbbbbbが同じ行でcccccが別の行でも、「\n」の作用で実行結果はこうなるのですね。

テクトレージマン
次回に続く
0