2021年4月から、中小企業の認定支援機関の申請を、システムから行えるようにするそうです。まず5月に電子申請システムを導入し、段階的に機能を拡充していく予定。

従来の紙での申請では、記載漏れや記載ミスが発生する度に、修正した申請書の提出が必要になるなど手間が煩雑だった為、電子化によって利便性向上や経産局との調整コスト削減につなげることを目的としています。

さて、補助金申請時などでお世話になる方々ですが、あらためて認定支援機関とは?

経営革新等支援機関として経済産業省からの認定を受けた機関のことで、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

平成31年2月28日現在で、32,852機関が認定を受けているようです。

あなたの頼れる認定支援機関は?
こちらの中小企業庁サイトからご確認下さい。

テクトレージでは補助金・助成金申請書の作成支援を行っております。
お気軽にご相談下さい♪

0