神奈川県では、生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集しているそうです。
企画が採択された申請者は、「さがみロボット産業特区 協議会」とともに、実証実験を実施します。

☆ 対象となるロボット
「介護・医療」、「高齢者等への生活支援」、「災害対応」、「農林水産(鳥獣対策含 む)」、「インフラ・建設」、「交通・流通」、「観光」、「犯罪・テロ対策」等、生活 支援ロボット全般もしくは、それを構成する技術等(試作の初期段階での申請も可能。)

☆実施場所
原則として「さがみロボット産業特区」の区域内

☆申請資格
国内に研究・活動拠点を有する法人・個人(大学等の研究室単位での申請も可能。

☆支援内容☆
・実施場所やモニターの調整
実施場所例:特区内の介護・医療施設、道路、プレ実証フィールド など
・安全対策
適切な賠償責任保険の指定・加入支払い手続きの助言 など
・経費
1件につき最大50万円。保険料・機器試験料等の安全対策費、モニター・施設等への謝礼等、会場使用料等、保安員人件費、機器レンタル料、ロボット運搬費、申請・審査手数料、工事費、広報費、消耗品購入費 など
・PR活動
公開実証実験、成果報告会、特区イベントへの出展等、PRのための場を提供
・(地独)神奈川県立産業技術総合研究所等による支援
技術改良等の必要がある場合には、同所のアドバイスや優れた技術を持つ地元企業の紹介も行います。また、同所ではロボット実証実験の倫理審査会を設置し、審査を行っていますので活用することもできます(倫理審査は上記経費の対象)。

★締切り★
令和元年5月31日 金曜日 必着

★提出先★
①電子申請の場合(ただし、「申請書」、「共同実施者報告書」の受付は郵送のみ) https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?acs=koubo

②郵送の場合
〒231-8588 横浜市中区日本大通1 神奈川県 産業労働局 産業部 産業振興課
技術開発グループ(公募型実証実験実行委員会)あて
※ 共同実施者がいる場合は、連絡窓口となる法人(又は個人)を代表者として申し込むこと。

詳しくはこちら↓↓
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f430080/p799054.html

テクトレージでは申請のお手伝いを行っております。
ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

0