ある日のテクトレージ/厚木ショールーム 2階オフィスでのこと。

電話がまったくつながらず、FAXも一切送られてこず…
回線の不備かと思い、Y子さんや後輩(その1)君で
つながっている先をひとつずつ確認していったのですが
特に怪しい場所はなく…

いよいよどうしようもなくなり
電話会社に問い合わせようとした瞬間、Y子さんは、見つけました。

電話線元抜けし。まさに灯台下暗し。

こういうことって、ベタですが、あるあるですよね。
安堵とともに悔しさがこみ上げてきます。

余談ですが、「灯台下暗し」を
「東大モトクラシー」と覚えてしまっている人が割といるようです。
これでは全く意味が通じません。

意味としては同義語となる「電話線元抜けし」と、
ベタな灯台下暗し→「ベタベタモトクラシー」の活用を推奨します。

新人Y子
ベタベタモトクラシー(活用中)にならぬよう、近くのものから要確認!
0