『経済産業省関連予算及び令和3年度税制改正等に関するオンライン説明会』(経済産業省[関東経済産業局])に参加しました!

《中小企業生産性革命推進事業》
サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)

中小企業生産性革命推進事業の特別枠の改編
(ものづくり補助金、IT導入補助金、持続化補助金)

令和2年度第3次補正予算額:2,300億円

○事業目的・概要
●新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑えながら経済の持ち直しを図るため、中小企業のポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環を実現させることが必要。
●コロナ禍の状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けた中小企業等の取組を支援。令和2年度一次・二次補正で措置した特別枠を”新特別枠(低感染リスク型ビジネス枠)”へ改編。

○成果目標
サービス等生産性向上IT導入支援事業により、事業終了後4年以内に、補助事業者全体の労働生産性の年率平均3%以上向上を目指す。

※補助事業実施年度の生産性向上や賃上げは求めないこととする。

テクトレージマン
主に中小企業のバックオフィス業務(経理や総務などの間接部門)に対してITツールを導入し、業務の効率化、付加価値の向上を目指す企業に対して支援!

テクトレージマン
原則としてパソコンなどのハードウェアに係る費用は通常枠では対象外ですが、特別枠においては「ハードウェアレンタル費」が補助対象経費となります!
ただし、購入やリース契約については特別枠でも対象外となるので注意です。

【通常枠】令和元年度補正

バックオフィス業務の効率化等付加価値向上に繋がるITツール導入を支援(補助率1/2)

《A類型》
1つ以上の業務プロセスを有するソフトウェアの導入
(補助額30万円以上150万円未満)

《B類型》
4つ以上の業務プロセスを有するソフトウェアの導入
(補助額30万円以上150万円未満)

【C類型:低感染リスク型ビジネス類型】【D類型:テレワーク対応類型】

【補助対象経費】
ソフトウェア費、導入関連費、ハードウェアレンタル費

【C類型:低感染リスク型ビジネス類型】
補助額30万円~450万円 [補助率2/3]
(1)非対面化に資するITツールであり、以下の①~⑦のうち2種類以上を含んでいること。
①顧客対応・販売支援
②決済・債権債務・資金回収管理
③調達・供給・在庫・物流
④会計・財務・経営
⑤総務・人事・給与・労務・教育訓練・法務・情シス
⑥業種固有プロセス
⑦汎用・自動化・分析ツール(業種・業務が限定されないが生産性向上への寄与が認められるもの)
(2)上記①~⑦の異なる業務プロセス間での情報共有や連携を行うことで生産性の向上に寄与するもの(複数の業務工程が広範囲に非対面化されること)

テクトレージマン
C類型は補助金額によってC-1、C-2に分かれています。
C-1:補助金額30万円~300万円、賃上げは加点
C-2:補助金額30万円~450万円、賃上げは必須
テクトレージマン
非対面化に資するITツールとは、対人接触の機会を低減するような非対面または遠隔でのサービス提供が可能なビジネスモデルへの転換を可能とするITツールのこと。

【D類型:テレワーク対応類型】
補助額30万円~150万円 [補助率2/3]
(1)C類型(1)と同じ(上記①~⑦のうち2種類以上含むこと)
(2)テレワーク環境の構築に資するクラウド対応ツールであること

クラウド対応していないITツールは通常枠にて申請。

Download (PDF, Unknown)

▼IT導入補助金2021の今後のスケジュールはこちら(暫定版)

IT導入補助金2021 交付規程・公募要領(暫定版) | IT導入補助金 (it-hojo.jp)

受付開始は4月上旬頃予定!
※制度内容、予定は変更する場合があります。

◇IT導入補助金2021 公募要領 [通常枠(A・B類型)](暫定版)

◇IT導入補助金2021 公募要領 [低感染リスク型ビジネス枠(C・D類型)](暫定版)

テクトレージは令和2年度、IT導入支援事業者として登録されていました!
令和3年度も登録する予定です。

IT導入補助金申請は、補助事業者とIT導入支援事業者が一緒に取組んで申請するものです。

お気軽にご相談下さい!

0

登録はこちらから
▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)