前回は、整数型の種類とそれぞれのビット数について学習しました。

整数型 器の大きさ(ビット数)
char 型  8ビット
short 型  16ビット
int 型  32ビット(*1)
long 型  64ビット(*1)

しげちゃん先生
今回は、「char」型を例にとって、表現できる整数の範囲を見てみましょう。

新人Y子
はい。

しげちゃん先生
1ビットで表せる組み合わせは、「0」と「1」の2通りですが、8ビットで表せる組み合わせは何通りでしょう?

新人Y子
確か、1ビット増える毎に、組み合わせが倍になってましたよね。なので、8回倍々していきますね。
1ビットで2通り
2ビットで4通り
3ビットで8通り
4ビットで16通り
5ビットで32通り
6ビットで64通り
7ビットで128通り
8ビットで… 256通りですか?
しげちゃん先生
はい、その通りです。
ちなみに、組み合わせの求め方は、2のビット数乗でも求められます。

新人Y子
8ビットなので、

ということですね。
しげちゃん先生
はい。そうです。
それでは、本題の、8ビット整数型「char」で表せる値の範囲を考えてみてください。
但し、本来整数はマイナスの値も含まれますが、まずは、マイナスを考慮しない、ゼロ以上の整数の範囲を考えてください。
新人Y子
ゼロから256通りの整数なので、、、
値の範囲は、0~255になりますか?
しげちゃん先生
その通りです。
値の範囲は、0(ゼロ)から

になります。

■10進数と2進数対応表(マイナスを表現しない場合)

新人Y子
では、マイナスは、どのように表現されるのでしょう?
テクトレージマン
次回に続く

(*1) 処理系によって異なる場合があります

0