最近「SDGs」って言葉を新聞やテレビなどでよく目にしませんか?

これ、「えすでぃーじーず」って読むんです。「えすでぃーじーえす」って言ったら笑われちゃいますので気をつけて下さいねw

ご存じない方のために簡単にご説明します。

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月の国連サミットで決められた、2030年を期限とした国際社会共通の目標です。

SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。

2000年からの2015年までの15年間で取り組まれ、大きな成果があがったとされるMDGs「Millennium Development Goals(ミレニアム開発目標)」が前身となっているのですが、このMDGsは主に開発途上国における問題解決のための取り組みだったため、地球上すべての人や企業・団体が取り組むべき目標としてSDGsが新たに設定されました。

17の目標は以下の通りです。

貧困をなくそう
飢餓をゼロに
全ての人に健康と福祉を
質の高い教育をみんなに
ジェンダー平等を実現しよう
安全な水とトイレを世界中に
エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基盤をつくろう
⑩人や国の不平等をなくそう
⑪住み続けられるまちづくり
⑫つくる責任 つかう責任
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
陸の豊かさも守ろう
平和と公正をすべての人に
パートナーシップで目標を達成しよう

2019年6月に発表された各国のSDGs達成度ランキングで、日本は162か国中15位で、アジアでは一番上位だったようですが、昨年は11位だったのでランクダウンしちゃってます。。。
(1位 デンマーク、2位 スウェーデン 3位 フィンランド)

日本が大きな課題があると指摘されているのは「ジェンダー平等」、「つくる責任つかう責任」、「気候変動に対策を」、「パートナーシップで目標を実現しよう」で、確かに課題はたくさんありますね。。。

17全ての目標に取り組むのは難しくても、1人ひとり、1社1社が1つの目標から取り組むことが目標達成への第一歩になります。
目標それぞれが相互関係にあるので、1つの目標に取り組むことで複数の目標に貢献することになります。

一見私たちには関係ない話のようですが、SDGsの達成には、民間企業の商品・サービスが必要とされており、そのなかでも日本の企業数の99%である中小企業の役割は大きなものです。

皆さんがお勤めの会社でも、自社事業をSDGsの17の目標と結びつけることで、社会課題への対応のアピールになり、企業の信頼性向上や人材確保、従業員のモチベーション向上も期待できます。
また、新たなビジネスチャンスのヒントにもなるかも??

できることからはじめてみませんか。




0