コンピュータは「論理回路」の組み合わせてできている


参考)https://ja.wikipedia.org/wiki/論理回路

しげちゃん先生
では、wikipediaに記載されている、論理回路を上から順にみていきましょう。


新人Y子
はい。

しげちゃん先生
まず、一番上にある回路、「NOT」です。

新人Y子
否定の「NOT」ですか?

しげちゃん先生
そうです。否定をする回路です。
回路記号は、 です。
見方は、左側の「A」が入力信号で、右側の「out」が出力信号です。

新人Y子
入力と出力からできているのですか?

しげちゃん先生
その通りです。ちなみに他の回路も同様に、入力と出力からできています。

新人Y子
どのような信号が入力されるのでしょう?

しげちゃん先生
1ビットの値が入力されます。

新人Y子
ということは、「0」または「1」が入力されるという事ですか?
しげちゃん先生
はい、その通りです。実際は、数字の「0」と「1」に対応する電圧です。
例えば、5V系のシステムであれば、「0」は0ボルト、「1」は5ボルトのようになっています。
しげちゃん先生
さて、NOT回路は反対の答えを返す回路です。
Aに「0」が入力されたら、outに「1」が出力されます。
Aに「1」が入力されたら、outに「0」が出力されます。

*下図は、あくまで反対の動作をイメージするための図です。

新人Y子
へぇー
テクトレージマン
次回に続く
0