ものづくり補助金の実績報告

令和元年度補正及び令和2年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助事業」、いわゆる「ものづくり補助金」は現在、4次締切分まで採択発表されていますね。

補助事業実施期間が10か月とはいえ、採択されて申請した設備等の導入は終わり、すでに実績報告をしている企業は多いのではないでしょうか。

当社では、各種補助金申請のサポートを行っていることもあり、今回、お手伝いしたお客様のところで実績報告の入力作業に立ち会ってきました。

実績報告資料は作成済みです。

ちなみに当社では、申請書作成を含め様々なお手伝いをしていますが、作成費用や成果報酬等は、頂いていません。が、機械販売商社なので機械装置は当社から購入していただいています。

JグランツのサイトからGビズIDでログインして開始です。

Jグランツへ入力

Jグランツ入力ガイド実績報告編を参考にしながら入力をしていきます。




粛々と入力します

プルダウンから実績報告(~額の確定)を選択。

「添付ファイル参照」と入力し、経費の税込み、税抜金額と補助金額を入力します。

さあ、申請ボタンを押します

申請金額等の簡単な情報を入力してからExcelファイル、ZIPファイルを登録します。

ここまでは、意外とスムーズです。

プレビューをクリックし、エラーがないので保存をクリックしました。

入力ガイドをみながら各種手続き一覧の「表示」ボタンをクリックして申請ボタンを押そうかとしましたが・・・。

申請ボタンがありません。

ってことは申請ボタンを押せません。

実績報告実施希望の連絡

対処方法が入力ガイドに記載されていました。

「申請ボタンが表示されていない場合は、以下のメールアドレス宛に実績報告実施希望の連絡をお願いします。」

実施希望メールを送信して、翌日には実施可能な状態になりましたとの連絡があったようです。

申請ボタンが表示されないっていうのは、イレギュラーなのか?

そこは、よくわかりません。

が、無事に申請ボタンが現れました。

 

実績報告書の申請

ようやく申請済みとなりました。

各種補助金申請のサポート

当社、テクトレージでは、各種補助金、助成金申請のサポートをトータル的に行っています。

申請をしたいけど、時間が無い。申請書に何を書いていいのかわからない。その様な企業のお手伝いをしています。

また、設備導入後の報告書まで長期間に渡り多くの提出書類がありますが、これらについてもサポートを行っています。

サポートをする事が初めてのお客様に必ず言われることがあります。

「申請書の作成費用はいくら?」

当社では、申請書の作成費用等は、頂いておりません。

本来は工作機械等の販売商社であることから、

㈱テクトレージから設備を購入してもらうための

サポートとして申請書作成のお手伝いをしています。

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

0

登録はこちらから
▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)