令和元年度補正「ものづくり補助金」1次締切が公募開始されました。

令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」(一般型、1次締切)の公募が開始されました。

「ものづくり補助金」とは、中小企業が経営革新のための設備投資等に使える補助金です。

そこで公募内容を簡単にまとめてみました。(詳しい内容は公募要領を参照下さい)

概要

補助上限1,000万円
補助率中小企業1/2、小規模事業者・小規模事業者2/3
補助要件以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行
・付加価値額+3%以上/年
・給与支給総額+1.5%以上/年
・事業場内最低賃金>地域最低賃金+30円

公募期間

公募開始令和2年3月10日(火)17時~
申請受付令和2年3月26日(木)17時~
応募締切令和2年3月31日(火)17時(1次締切)

申請方法

申請は、電子システムでのみ受け付け。電子申請システム操作マニュアル(3月24日(火)に公開)に従って作業。

※申請にあたっては、GビズIDプライムアカウントの取得が必要。

※本事業については、通年公募とし、約3ヶ月おきに締切を設ける予定。次回の締め切りは5月頃の予定。

※1次締切に関する公募説明会は開催されない。

これまでの「ものづくり補助金」との変更点

平成24年度補正から行われてきた「ものづくり補助金」ですが、今回の公募に関しては申請方法等に多くの変更点がみられます。

変更点

通年で公募3ヶ月おきに締切
事業実施期間が倍増5ヶ月⇒10ヶ月
必要添付書類が半分最大16点(必須6点)⇒最大8点(必須3点)
公募要領の厚みが4分の1に86ページ⇒20ページ
あらゆる手続きが100%電子化70以上の補助金が共通システム上で手続き可
対象経費を明確化中古設備、副業兼業人材を活用しやすく
賃上げ要件の追加付加価値向上の成果を従業員に還元
ルーキー優遇過去に交付決定を受けた者を減点
新型コロナウイルスの影響にも対応加点措置+申請要件緩和+事前着手可能
収益納付を免除十分な賃上げをした場合等は収益納付を免除
各補助金,助成金申請のサポート

当社では、ものづくり補助金をはじめとする各種補助金、助成金申請のサポートをトータル的に行っています。

申請をしたいけど、時間が無い。申請書に何を書いていいのかわからない。その様な企業のお手伝いをしています。

また、採択後の交付申請書類だけではなく設備導入後の実績報告書等、長期間に渡り多くの提出書類がありますが、これらについてもサポートを行っています。

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

1+