事業再構築補助金に申請したい

公募開始は、まだでしたが、事業再構築補助金に申請してみたいとお客様より連絡があり打合せに訪問しました。

当社では、申請書作成のサポートを行っていることから声をかけてもらいました。

このお客様のお知り合いで補助金申請サポートを依頼した企業は、作成費用や成果報酬を支払わねければいけないとのことで止めてしまったそうです。

このことを聞いていたことから作成費用や成果報酬が発生しないでサポートをしてもらったと別の知り合いから聞いて声をかけてくれたそうです。

但し、当社は機械販売商社ですので申請対象としている機械装置等は、当社から購入していただきます。




申請に向けたヒアリング

早速訪問させていただき、事業再構築補助金の概要に記載されている「事業計画の策定」をもとに簡単な打合せをしました。

せっかくなので同時に申請する機械装置の仕様打合せもメーカー営業さん同席の上、行いました。

打合せ

打合せ風景

念のため、主要申請要件となっている「申請前の直近6か月のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している」ことを確認しないといけません。

また、ものづくり補助金の申請と同様で電子申請時に必要となるGビズIDプライムアカウントは取得済みなので良かったです。

具体的な審査項目は公募要領に掲載とのことなので、初回の打合せということもあり、ある程度の方向性を決めることにしました。

公募開始はいつ?

公募開始は3月中なんて言われていますが、できるだけ準備はしておいた方がよさそうです。

中小企業の通常枠では、補助金額が100万円から6,000万円(補助率2/3)と大きく、大型の設備も検討されますからね

補助対象経費として建物費も含まれるようですから。

各種補助金申請のサポート

当社、テクトレージでは、各種補助金、助成金申請のサポートをトータル的に行っています。

申請をしたいけど、時間が無い。申請書に何を書いていいのかわからない。その様な企業のお手伝いをしています。

また、設備導入後の報告書まで長期間に渡り多くの提出書類がありますが、これらについてもサポートを行っています。

サポートをする事が初めてのお客様に必ず言われることがあります。

「申請書の作成費用はいくら?」

当社では、申請書の作成費用等は、頂いておりません。

本来は工作機械等の販売商社であることから、

㈱テクトレージから設備を購入してもらうための

サポートとして申請書作成のお手伝いをしています。

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

+1

登録はこちらから
▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)