内容

職人の手によって一つひとつ手作りしていた時代から、ロット生産が当たり前の時代に移り変わったことで、寸法管理をしなければならなくなりました。1960年、イギリスで生まれた三次元測定機がモデルとなり、69年には東京精密の手により初めての国産機が誕生します。本動画では、そんな三次元測定機が歩んできた歴史を紐解き、どんな機能を有した機械なのかを詳しく解説します。

動画は下記より

https://videfit.com/videos/509

三次元測定機とは

部品の形状をデータ上で立体的にとらえて様々な測定をおこなうのが三次元測定機です。JIS B 7440では「互いに直行する案内と、案内の移動量を求めるスケール及びプローブをもち、それぞれの移動量からプローブの三次元座標値を求めることができる機械」と定義されています。

株式会社東京精密につきまして

株式会社 東京精密は、半導体製造装置と精密計測機器の製造販売を行うメーカーである。

HP : https://www.accretech.jp/

0

登録はこちらから
▼動画ポータルサイト 「VIDEFIT」(ビデフィット)