令和元年度補正・令和二年度補正「ものづくり補助金」の3次締切が公募開始されました。

 

令和2年3月31日(火)から公募開始された2次締切の受付が5月20日(水)に終了しました。1次締切時には無かった優先的に採択されるという「特別枠」が創設されていました。

過去に交付決定を受けた事業者を減点措置としていました。この減点措置の対象となっている事業者が「特別枠」で申請した場合の採択率が気になるところです。

そして、令和2年5月22日(金) 12時から令和元年度補正・令和二年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の3次締切が公募開始されました。

 

公募期間(3次締切)

公募開始令和2年5月22日(金)12時~
申請受付令和2年6月10日(水)17時~
応募締切令和2年8月3日(月)17時

 

「特別枠」の他に業種別のガイドラインに基づいた感染拡大予防の取組を行う場合は、定額補助・上限50面を別枠(事業再開枠)で上乗せといった項目が新たに追加されていました。

また、「特別枠」の補助率がA類型はそのまま2/3ですがB・C類型は3/4に変更になっていました。

 

事業類型

一般型□通常枠
□特別枠
 □A類型:サプライチェーンの毀損への対応
 □B類型:非対面型ビジネスモデルへの転換
 □C類型:テレワーク環境の整備
 □事業再開枠:(業種別ガイドラインに沿った感染拡大防止の取組を行う場合)

概要(3次締切)

補助上限1,000万円 
+50万円(特別枠の場合に限り、事業再開枠の上乗せが可能)
補助率[通常枠] 中小企業1/2、小規模事業者・小規模事業者2/3
[特別枠] A類型 2/3、 B・C類型 3/4
[事業再開枠] 定額(10/10、上限50万円)
補助要件以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行
・付加価値額+3%以上/年
・給与支給総額+1.5%以上/年
・事業場内最低賃金≧地域最低賃金+30円

 

3次締切の採択発表は9月を予定しているそうです。

1、2次締切で不採択だった企業は、3次締切に再度応募が可能となっています。また、2次締切の特別枠で採択された方は、交付申請時に補助率引き上げ(B及びC類型)や事業再開枠上乗せの適用が可能です。

尚、申請方法については、電子申請システムのみの受付です。申請するためには、GビズIDプライムアカウントの取得が必要となっています。

公募スケジュールについて

通常枠と特別枠は同じスケジュールで3次締切後も申請受付を継続し、令和二年度2年度内には、11月(4次)、令和3年2月(5次)に締切を設け、それまでに申請のあった分を審査し、随時、採択発表をおこなうとのこと。

各補助金,助成金申請のサポート

テクトレージでは、ものづくり補助金をはじめとする各種補助金、助成金申請のサポートをトータル的に行っています。

申請をしたいけど、時間が無い。申請書に何を書いていいのかわからない。その様な企業のお手伝いをしています。

また、採択後の交付申請書類だけではなく設備導入後の実績報告書等、長期間に渡り多くの提出書類がありますが、これらについてもサポートを行っています。

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 




1+