令和元年度補正「ものづくり補助金」の2次締切が公募開始されました。

令和2年3月10日(火)から公募開始された1次締切の受付が3月31日(火)に終了しました。

この1ヶ月弱の公募期間にどれだけの企業が応募され、どれだけの件数が採択されるのか興味深いですね。

そして、令和2年3月31日(火) 17時から令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の2次締切が公募開始されました。

 

概要

補助上限1,000万円
補助率中小企業1/2、小規模事業者・小規模事業者2/3
補助要件以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行
・付加価値額+3%以上/年
・給与支給総額+1.5%以上/年
・事業場内最低賃金>地域最低賃金+30円

公募期間

公募開始令和2年3月31日(火)17時
申請受付令和2年4月20日(月)17時
応募締切令和2年5月20日(火)17時

4月末頃(予定)に1次締切の採択発表を行うそうです。

1次締切で不採択だった企業は、2次締切に再度応募が可能となっています。

2次締切分の採択発表は6月末目途を予定とのこと。

尚、申請方法については、電子申請システムのみの受付です。申請するためには、GビズIDプライムアカウントの取得が必要となっています。

昨年までの「ものづくり補助金」との変更点は、以下となっていますので申請を検討している事業者様は要注意です!

 

主な変更点

申請要件に、賃金引上げにかかる計画策定等を追加し、要件が未達の場合に、補助金一部返還を求めます。
新型コロナウイルスの影響を受けて、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資等を行う事業者を加点措置や申請要件緩和等によって優先的に支援します。
申請手続き簡素化のため、認定経営革新等支援機関の確認書添付を不要としました。
初めて補助金申請される方でも採択されやすくなるよう、過去3年以内に類似の補助金(ものづくり・商業・サービス補助金)の交付決定を受けた事業者は、審査にて減点措置を講じます。
中古設備や専門家活用にかかる補助対象経費を明確化しました。
過去の申請実績を踏まえて、共同申請や設備投資を伴わない事業類似型を廃止しました。
公募スケジュールについて

2次締切以降、応募期間を約1ヶ月半(2次締切)~3ヶ月(3次締切以降)、審査期間を約1ヶ月とし、6月末、9月末、12月末、令和3年3月末にそれぞれ採択発表を行う予定。準備期間がこれまで以上にに設けられ、さらに事業実施期間が最大10ヶ月とのことから、納期のかかる大型の設備等も申請が可能になりそうです。

各補助金,助成金申請のサポート

当社では、ものづくり補助金をはじめとする各種補助金、助成金申請のサポートをトータル的に行っています。

申請をしたいけど、時間が無い。申請書に何を書いていいのかわからない。その様な企業のお手伝いをしています。

また、採択後の交付申請書類だけではなく設備導入後の実績報告書等、長期間に渡り多くの提出書類がありますが、これらについてもサポートを行っています。

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 




0