「論理回路」2回目です

しげちゃん先生
今回は、「OR」回路を見てみましょう。


参考)https://ja.wikipedia.org/wiki/論理回路

新人Y子
はい。


しげちゃん先生
「OR」回路の記号は  です。
入力が2ビット(AとB)あります。

しげちゃん先生
入力AとBの組み合わせは、全部で何通りあるでしょう?
新人Y子
えっと、全部で次の4通りですか?
A=0, B=0
A=1, B=1
A=1, B=0
A=0, B=1
しげちゃん先生
はい、4通りありますね。
以下の表は、入力の組み合わせと、出力の関係を示したものです。

しげちゃん先生
この表のことを、「真理値表」といいます。
しげちゃん先生
この真理値表から「OR」回路の動作を読み取ってください。
新人Y子
入力AかBのどちらか一方でも「1」であれば、出力が「1」になるってことですか?
しげちゃん先生
はい。その通りです。簡単でしたね!
テクトレージマン
次回に続く
0